花 宅配

花を贈るなら日比谷花壇
               フラワーギフトは日比谷花壇で

お見舞いなどのお悔やみに花の宅配を

お悔やみの気持ちを花にして贈る場合には、どのようなことに注意をすればよいのでしょうか?

近くに住んでいるなら直接お悔やみを伝えることもできますが、遠方に住んでいたりして直接伺うのが無理な場合には、お悔やみのお花を宅配する方法がふさわしいといえます。

お悔やみ用のお花に何を選びますか?

お悔やみの場合に選択するお花は、基本的には白。

白のユリもしくは色のバラなどが人気がありますが、洋風に花束を作る場合には、パープルやブルーなど寒色系の花を白を基調とした花束に加えると、お悔やみの花束ながら存在感のある花束に仕上がります。

また、和風の花束を作る場合には、白や黄色の花、薄い色ならピンクなども入れても構いませんが、全体のバランスと印象が豪華で明るい感じにならないように注意することが必要です。

無難なのは寒色系の色でまとめることかもしれませんね。

お悔やみの花を宅配する場合

お悔やみの花を宅配する場合には、花束のようなスタイルでももちろんOKですが、受け取る側ももしかしたら複数の方からお悔やみの花を受け取っている可能性もあり、花瓶が足りなかったりする場合も多いので、フラワーアレンジメントという形で受け取る側の負担を少しでも少なくする配慮もできると良いですね。

お悔やみの花を宅配してくれる業者では、あらかじめ作られているパッケージがあるので、そういった中からピックアップするのも便利です。

花を贈るなら日比谷花壇へ

宅配屋さん

Copyright (C) 2008-2011 宅配屋さん. All Rights Reserved.